カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
7月21日フジテレビ系『LOVE LOVE愛してる』で吉田拓郎卒業SPがオンエア、さかのぼる6月29日にはラストアルバム『ah-面白かった』を発売、僕を支えてくれていたミュージシャン吉田拓郎はその活動に終止符を打つと表明しました。
いつかこの日が来ると予想していたとはいえ、何か寂しい気持ちに襲われたのは事実でした。

null

高校生時代、ラジオの深夜放送で流れてきた吉田拓郎の歌、
「♪私は今日まで生きてきました、時には誰かと手を取り合って・・・」
「♪これこそと信じれるものがこの世にあるだろうか、信じるものがあったとしても信じないそぶり・・・」
何故でしょうか?
その歌から伝道してくる共感、感動、それまでには全くないものでした。
強く心が動かされた記憶が残っています。
そしてその日からずっと吉田拓郎は僕の心の中に生き続けてきました。
僕の中で起きたこういった現象はビートルズ現象のように、日本全国の若者の心をも動かしたのにちがいありません。

null null null

そして初めて吉田拓郎の実物を見たのは浪人時代、岐阜県中津川で2泊3日で夜を徹して全日本フォークジャンボリーが開催されたとき、『人間なんて』の大合唱はすごいものだったと記憶しています。

作詞・作曲・歌を一人でこなす、シンガーソングライターとして強烈な個性、日本のそれまでの音楽の概念と違った形の言語感覚が若者の心を掴んで離しませんでした。

学生運動で時代が大きく揺れる中、拓郎の歌は一時期若者の支持を失ったかなと思わせる時期もあったように記憶していますが、鹿児島で生まれ、広島で育った無名の若者=吉田拓郎は日本音楽界の風雲児でした。

それまでの歌の存在価値そのものを大きく変えたような気がしてなりません。
自分で作った歌を自分で歌い、語り掛け、あくまでも自作自演でのステージは、その後浜田省吾、桑田佳祐、奥田民生、長渕剛、小室哲哉などの多くのミュージシャンに影響を与え受け継がれても来ました。

森進一が歌って日本レコード大賞を受賞した『襟裳岬』、日本初のオールナイトでの『つま恋』や『篠島』での野外コンサート、彼の果たした功績は大きなものがありますね。
NHKの紅白歌合戦には一度だけ出場しました。
普段からマスコミ嫌いでメディアには出ない拓郎を目にした時でしたが、それはそれで目がテレビに釘付けになり印象的でした。

null null null

個人的に最後の拓郎のコンサートに顔を出したのは、もうかれこれ15年ほど前になるでしょうか・・・。
その後はもっぱらテレビやユーチューブ、車の中でCDを聞くのが日常ですが、拓郎さんが自分の歌『元気です』のように、元気でいてくれるのが嬉しいものでした。
体を悪くして、入院なども経験してらっしゃいましたが、回復なされたようで、最近は月1回ですがラジオのオールナイトニッポンでの語りに耳を傾けるのが接点です。
(8月12日22時から拓郎さんの声が聞こえるはずです。こちらも終わりが近づいていることは事実ですが・・・)

先日のCDのタイトルのように拓郎さんが日本の音楽を面白くさせてくれた功績を讃えたく思います。
そしてまた僕の人生を支えて下さった拓郎さんに対して心から感謝の言葉を申し上げたいと思います。
「ありがとうございます」

個人的にはあなたの歌をこれからも耳にして、また歌うこともある事でしょう。(僕の心の中にはずっと吉田拓郎は生き続けるに違いありません)
カテゴリー:接客/サービス
author: Masahiko Kato
僕が、かつてから趣味と言ってはばからないのがスポーツ観戦です。
野球から、ラグビー、サッカー、相撲、バレー、テニス、ゴルフ、卓球、陸上競技・・・もう何でもござれでスポーツ観戦しているだけで満足の状態と言っていいでしょう。
その中で特に好きなのが野球、相撲、ラグビーになるでしょうか?
そしてまた野球に関して言えばもちろん大谷選手の活躍するメジャーベースボールも大好きでエネルギーをたくさん頂いてますが、高校野球や、大学野球、社会人野球といったアマチュア野球に魅せられています。
なんといってもあのひたむきさ、一生懸命さが魅力ですね。

null null

相撲に関して言うと父親に連れて行ってもらった大相撲からですから随分と長くファンを継続していることになります。
名前をあげると知る人は相当な相撲マニアの人ということになりますが、鏡里・大内山あたりの当時の時津風部屋の下呂市での巡業から目にしてきています。
一時は故大関北天祐さんと親しくなって、当時の社員さんを連れて北天祐さんが起こされた二十山部屋にちゃんこを食べに行ったりもしましたし、千秋楽には二十山部屋の打ち上げにも顔を出してもいました。

最近の相撲では現在カド番大関の正代関の成績が気になっています。
仕事でよく顔を出させていただく熊本県の出身で真面目ないい力士なのですが、何せ気が弱いというイメージがあります。
おそらく人間的には良い人なんでしょう。
今場所もカド番で負け越した場合は大関から陥落の危機なのですが、案の定初日から3連敗、5日目までも1勝4敗という状態でした。
そんな正代関に名横綱だった白鵬がアドバイスをした話を聞きました。

null null

そのアドバイスとは土俵に上がるまでにある程度の汗をかいて、つまりはある程度の準備運動、ウォーミングアップをしなさいというものだったと聞きました。
その効果があったのでしょう。
また本人の受け身にならないで攻めていくという姿勢もあると思います。
6日目から7連勝正代はカド番を脱して大関を維持しました。

私たち住宅営業のお客様に対しての折衝にもこういったことが当てはまるような気がします。
いきなり商談ではなく、その前に社内で社員同士で色々と話をするもよし、またお客様との語らいにあってもまずは世間話等の気楽な話から始めるというものです。
つまりは緊張が取れて、コミュニケーションがとりやすい状態になるというものです。
また社員通しで商談を前提にしたロールプレイングをしてみるのも効果ありますね。
ぜひ、実践してみて下さい。


カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
大学生時代の友人k君から突然ですがメールが届きました。
メールの中に卒業式の日に撮った写真が添付されていました。
かつての友人たちと共に、若き日の僕が前列左側に座っています(みんな若いですね)
何でも友人が整理整頓中に見つけたらしいのですが・・・。
実は僕の学生時代の写真が殆どありません。
送ってもらった写真は大学の構内で写した写真でしたので、そういったものは何もなく貴重なものとなりました。
友人に感謝です。
さっそく御礼の電話を入れました。

null

実は僕は2年間のブランクの後に大学入学しました。
高校卒業してから働いてました。今でいうフリーター経験者です。
早稲田大学を志望しましたが不合格でした。(挫折です)
その後浪人を経て最初入った大学は中央大学法学部でしたが、今度は弁護士に挫折しました。(司法試験目指してがむしゃらに机に向かうのは苦手なようです)
マスコミ関連に憧れ文学部哲学科社会学専攻への転部試験を受けましたが落ちて、たまたま受けた法政大学・社会学部への編入試験に合格し2年から4年まで法政大学で学生生活を送りました。
「進取の気性、質実の風」がモットーの法政大学での学生生活はそれなりに楽しいものでした。
もっとも、もっと学業に専念すればよかったかもしれません。(反省)
ですが、今もすっかり「自由を生き抜く実践知」法政大学ファンであります。

僕のいた時代は学生運動が収束を迎え(と言ってもまだ名残はありましたが…)た頃でしたが、学内はまだロックアウトがあったりしてレポート試験も2度ほどあったと記憶しています。
当時の学内はアジテーションや政治的な看板だらけ、またいたるところに落書きが溢れ、ある意味では青春の息吹が満ち溢れていました。

大学へ行くというよりもむしろ毎日はほぼアルバイトに明け暮れ、そんな中でゼミの仲間とのふれあいだけはなんとか出来ていたように振り返ります。
他にも広告研究会に属していてマスコミ希望だけは継続していました。
結局は不況のせいもあってほとんどの企業が新卒の採用を見送り、僕の志望していたマスコミ関連の企業も採用なしで就職が思うようにならず、希望を断念する形になりました。(また挫折です)
とはいうものの、そのおかげで積水ハウスとの縁が出来たのですから…人生は面白いものです。

null null

学生時代はアルバイトで生活費を稼ぐ傍ら、寝袋を背負ってヒッチハイクで北海道へ2度旅をしました。
たくさんの方の好意で車で移動できました。
礼文島の山のてっぺん(桃岩)でテントを張って野宿したのは良き思い出です。
とにかく、あの頃は何も怖いものが無かったですね。
またいろいろな人の親切さに助けて頂きました。
本当に感謝、感謝です。

null

今回、学生時代の下宿先でのショット、旅先でのショットを挙げてみました。
4畳半の部屋で、共同トイレでした。またお風呂は無くて週に2度ほど銭湯へ通いました。
まさに「神田川」の歌の世界に近いものでした。
とにかくお金がありませんでしたが、多感な時代で、いろいろと模索していた時代でした。
自分にとっても数々の挫折を繰り返しながら、自分探しの放浪の季節だったように振り返ります。

懐かしい友人たちの顔、今はもうみんな好々爺となっていますが・・・。
可能であれば、あの頃に戻りたいものです。
貴重な写真送ってくれた k君に感謝です。

カテゴリー:営業
author: Masahiko Kato
最近、偶然ですが九州と愛知の顧問会社の社長が同じ本を手に取っておられました。
本の名前は『数値化の鬼』という書です。
いい本を手に取っておられるなと感心致しました。

この本は最近の書ですが(2022年3月発行)、かつて『数字で話せ』(2019年3月発行)という書も目を通させていただきました。

null null

僕自身が経営に携わっていたころの話です。
常日頃から口に出していた持論です。
私達は二つの事を実行していきましょう・・・。
「具体的な話をしよう!」「現実的な話をしよう!」でした。
そしてそこでの基本として、絶えず数字を使って話をするという事でした。
不思議ですが、数字を使って話をするとその話は具体的になります。
企業はご存じのように営利を目的としています。
毎月の業績の推移がその企業の経営に大きく影響致します。
業績向上の為には目標数字の達成に対する社員の意識向上が不可欠です。

null null null

経営トップが今期は頑張って欲しい…だけ社員に対して話をするなんてことはないと考えます。
絶えずそこには目標数字が存在する筈です。
リーダーが「もっと面談件数を延ばそう!」という場合、この場合のもっとを具体的にする必要があります。
数字を使って例えば1日8件の面談数を頑張ってこなそうと指示する事が重要ですね。

日々、数字を使っての仕事上のやり取りを当たり前化することが、社員さん達の意識強化につながり、業績アップに貢献すると申し上げてよいでしょう。
往々にしてみられる上司の評価は個人的感情による人間関係(好き―嫌い)もあります。
そういった弊害を無くす為にも数字を見て判断することが客観性があって正しいものの見方に繋がっていくと考えた方が良いですね。

nullnull

様々な企業に顔を出す度に、数字を使う会社と、そうでない会社の差を感じます。
そしてほとんどの場合間違いなく、常日頃から数字をベースに話をしている会社が勝ち組となっています。
一言で表現すれば数字を使うことは客観的に自分の会社が見えるようになるという事かと思います。

毎月の契約目標も、それを実現しようとする行動目標も数字でしっかりと確認していきたいものです。
数字は正直な社員の姿を映し出します。
数字を使っての日常を強くお勧めいたします。



カテゴリー:接客/サービス
author: Masahiko Kato
よく顧問先の社員さん達から、セミナーの受講者の皆さんから、どうしたら業績が上がりますかというご質問を受けます。

null

僕はこう答えるようにしています。
1、従順である事
成長する人は人の意見を受け入れる事の出来る人です。
人間は人の意見を聞かなくなったときに成長がストップすると申し上げても間違いないでしょう。
頑固になって他人の意見を聞かなくなった人は、なかなか成長は出来ませんね。
難しいことかもしれませんが、いつまでたっても成長していく人は素直に人の意見を参考にして実行に移していく人のような気がします。
読書をしたり、人の話に耳を傾けたり、しっかりとメモを取ることはとても重要な事のように感じています。

null

2、ポジティブな発想が出来る人
ネガティブにならないで、プラス志向で物事にトライしていく人が成功に近づいていくように思います。
マイナスの状況になったとしてもそれをいかに脱却してプラスの方向に切り替えていくかがポイントのように考えます。
失敗を恐れず、絶えず挑戦者の気持ちをもってチャレンジしていく姿勢がとても大切ですね。
時代がスピーディに動いているわけですから絶えず変化していく事も必要です。
「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」は著名な名言ですが、
すぐ実行する事が成功への近道です。
問題点は修正していけばよいのではないでしょうか。
人間には学習能力というものが存在しています。
案ずるが生むがやすしとも言います。

null

3、成功するのだという情熱を持ち続ける努力をすること。
山へ登るにも途中には谷が存在します。
当然ながら何事も試練が待っています。
それを乗り越えてこそ成功に結びつけることが出来るのではないでしょうか。
大変な事であってもやりがいがあれば、楽しいものではないかと思っています。
そこには自分自身の成長も絡んできます。
やろうとする情熱、やり切ろうとする執念が成功へと結びつける大きな要因と思われます。
カテゴリー:営業
author: Masahiko Kato
この日と翌日にわたって5時間の長時間、個人的にセミナーを実施いたしました。
ありがたいですね。
コロナに留意しながらでありますが、70名ほどの方を2回に分けてのセミナー実施(ほとんどが住宅関連の方々)でしたが皆さん終始真剣に受講していただきました。

null

終わった後、早速アンケートを頂き、皆さんの率直な声を拝見しました。
嬉しいですね。
大変参考になった・・・27名
参考になった・・・37名
どちらとも言えない・・・3名
無回答・・・2名でした。

null

いつもながら受講された方々から講師の僕が勇気を頂きます。
この日も・・・
・顧客満足がいかに大切かを再認識しました。
・加藤講師の実体験談には非常に重みがありました。
・このような基本に忠実な研修を受けたことが無くとても新鮮でした。
・様々な研修を受けましたが今日は思った以上に気楽に為になる話を聞けました。
・意識が変われば行動が変わり、行動が変われば実績が変わるという事を実感しました。
・今迄のセミナーと違っておもしろおかしく聴くことが出来ました。
・言われると確かにその通りだと納得することが殆どでした。
・講師の加藤さんがとても情熱的な方でした。
・当初思っていたよりも随分と素晴らしいセミナーでした。
・学ぶべきところが盛りだくさんで今後に生かしていきたいです。
・熱意を持って行動すれば必ずできるのではという気持ちになりました。
・失敗は財産、成功している人は失敗の数も多い…失敗を怖がらないようにします。
・5時間があっという間、こんなに時間を短く感じたのは初めてでした。

他にもたくさんの意見がありましたが、いつも受講者の方々のご意見に勇気を頂くことが殆どです。
皆さんの貴重なご意見が僕を支えて下さっているといって過言でありません。

僕の明日の情熱は今日の皆さん方の言葉から頂けるものと感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

カテゴリー:接客/サービス
author: Masahiko Kato
「面白い本が出ていますよ」
出版社の編集長からそんな風に言われて早速読んでみました。
「住宅営業マンぺこぺこ日記」という本です。

null

知らなかったのですが、なんでも
「コールセンターもしもし日記」
「ディズニーキャストざわざわ日記」
「ケアマネージャーはらはら日記」
「マンション管理員おろおろ日記」
「タクシードライバーぐるぐる日記」
「派遣添乗員へとへと日記」
「メーター検針員テゲテゲ日記」・・・・などシリーズ化
されています。

確かにまず、それぞれの本のネーミングが興味をそそり、読んでみたくなります。
学生時代、広告研究会で学んだ僕にとっては「つかみ」が大事で、そこんところが上手いなと思いました。

「ぺこぺこ日記」の内容はというと、想定が地方のローコスト住宅の営業会社ということもあるのでしょうが、随分と現実の住宅会社との間にはギャップのある内容でした。
少なくても現在の住宅メーカーの現実とは全く違います。
時代錯誤では…と思わせる内容が所々に出てきて、僕も自分が入社した頃はこんなこともあったかなと、ある意味懐かしい部分もありましたが、理不尽な部分なんかもあり、コンプライアンスが当たり前化された現在とはずいぶんと違う世界が描かれていました。
住宅営業のどろどろした部分、グレーなイメージが表現されてあって、随分と全国各地の住宅会社を見てきましたが、少なくとも僕の関与した住宅会社にはなかった形でした。
が、ひょっとしてまだ一部にはこういった住宅会社が存在しているのかもしれません。
本のラストでは作者が、住宅営業をやめてしまう内容で寂しいものでした。

ただそういった中で、愛する娘の生きた証に家づくりをする箇所があり、ここのところはつい涙腺が緩みました。
作者の方の良心を垣間見た感がしました。

そういえばつい最近までNHKテレビで『正直不動産』がドラマ化され10回にわたり放映されてもいました。
おもしろおかしく視聴させて頂きました。
山pこと、山下智久がウソが付けなくなる誠実な不動産営業マンを演じていました。
住宅営業も、不動産営業も誠実さが一番です。
(勿論熱意も重要です。)


null null

個人的には、住宅営業は一生に一回の大きなお客様の夢を実現のためのお手伝いをする仕事のやりがいのある素晴らしい仕事だと考えています。
住宅営業は胸を張って堂々とお客様の幸せ創りに従事してもらいたいものです。
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
かつてヨットで太平洋単独横断した映画を観た覚えがあります。
主演は石原裕次郎、そうあの裕ちゃんでした。
映画のタイトルは「太平洋ひとりぼっち」だと記憶しています。
「凄い」未だにその時の感動した自分を覚えてもいます。
太平洋をヨットで単独横断したのは堀江謙一さんでした。

null

若干23才、小型ヨット「マーメイド号」で兵庫県西宮を出発。アメリカのサンフランシスコに入港、成功、航海日数は94日でした。

当時はヨットによる出国が認められない時代、「密出国」という形で、大阪海上保安監部は自殺行為として消息不明船手配をして救助を先決にしたものでした。
海の恐ろしさを知らぬ人命軽視だと非難され、とんでもない事だといわれました。

ところがサンフランシスコ市長はこの成功を尊敬の念をもって名誉市民として受け入れ一躍堀江さんは英雄としてあがめられるようになりました。

null null

そしてつい最近堀江さんは83才となって世界最高齢でのヨットでの単独横断に挑戦し見事成功させました。
あの23才の快挙から60年、83才の若者は元気にまた見事に冒険を成功裡に終えて下さいました。

「素晴らしい!!」ですね。
夢を見る事のすばらしさ、そしてまた夢を実現させることのすばらしさを堀江さんから学ばせて頂きました。

堀江さんの航海中の日記です。
4月5日 曇り時々晴
夜空には三日月と満天の星。「綺麗です。風がやみ波がない夜は、海面いっぱいに星空が映り、取り囲まれます。息をのむ景色です。」世界初の単独無寄港太平洋横断を果たした60年前は旅券を持たない密出国だった。「他人に見つからないかヒヤヒヤの連続と良い風が吹かないストレスで体調は最悪でした。」今回は支援者がいる。「感謝、感謝です」

5月14日 晴
風が弱く静かな夜に、ノンアルコールビールをもってコックピットに出た。
「満天の星と大きな月、心地よい揺れと爽やかな風。右手にはひときわ輝く北極星。海に出てきてよかったと心の底から思っています。乾杯!」

5月15日 晴
小中高の生徒と無線で交信し、「怖くなったとき、どうやって乗り越えるのですか」と質問された。「ヨットの中で小鳥のように震えています」

null

あと少しでゴールですと日に焼けた顔を見せながら手を振る堀江さん、この人は今も青春、まだまだ感動を求めて人生を航海していくに違いありません。



カテゴリー:接客/サービス
author: Masahiko Kato
独立してからの友人ですから、かれこれ17年くらいの付き合いになるでしょうか。
専門分野は違いますが、飲食店コンサルタントの田中司朗さんが5月26日付で新刊を出版致しました。
7冊目の書になると思いますが『フランチャイズに加盟しなさい!』という書です。

null null

全国の18社のフランチャイズを展開する会社の社長にインタビューしての力作です。
聞いたところ企画から約1年かけて出版にこぎつけたそうです。
色々と苦労もあったことでしょう。
出版社はあさ出版、227ページ、このコロナ禍にあっても強かったすごいFC企業のエッセンスが書かれています。

null

いつもながら田中さんにはいい意味で刺激を受けています。
振り返れば田中さんの書『感動のサービスが実現する一瞬』(中経出版)を手にして、これはいい本だと感動した時から、たまたま田中さんに問い合わせをして付き合いが始まりました。
偶然ですが愛知県の御近所に住んでおられ問い合わせ先の電話番号が書かれてありました。(親切な人だという印象を受けました)
年も近い事もあってか、気軽に会ってくれて、それ以降一緒に食事をしたり、ゴルフを楽しんだり、毎年正月の神社への参拝はもうかれこれ10年以上は継続しています。

今回、 新刊の いい香りのする本を片手に田中さんが足取り軽く僕のオフィスを訪ねてくれました。
実は僕も現在住宅会社を題材にした新書を企画しています。
何かと田中さんの書が参考になる事も多いのが現実で色々と質問もさせて頂きました。

null null null null

コロナ禍であっても彼の活躍は全国展開、月刊『飲食店経営』には25年間も連続で執筆もしているのはさすがです。
今回もまた、彼の新刊にいい意味で刺激を受けました。
モチベーションを挙げて僕もまた自分として次なる18冊目の書に挑戦をしていきたく思います。

ありがとう田中さん、健康に留意して更なる活躍を祈っています。
カテゴリー:営業
author: Masahiko Kato
住宅業界は地域密着産業です。
地域の中で生まれ育ち、愛されながら実績を積み上げていくものです。

独立して18年様々な住宅会社で(現実的には沖縄を除く46都道府県、ありがたいことです)で仕事をさせて頂きました。
その中でいつも思うことがあります。
何かというと地域密着産業である住宅会社の社員さん達が、意外ですがあまりに自分たちの販売エリアの事を知らない、理解していないという実情です。

null null

特に分譲会社の営業担当の方々にはこの辺りもっとしっかりと勉強しておくといいのになあと感じています。

現在顧問をしている住宅会社の社長にこういったお話をいたしました。
また分譲地を販売するに至って、住環境を重要視していかれたらというお話も致しました。
分譲地の周辺環境も商品の1つではという考え方です。
「さすがです」顧問先の社長は住宅を販売するだけでなく、住環境も販売していくという方向で分譲地販売に徹底されるようになられました。
またテレビコマーシャルの中のナレーションにも環境重視している旨を謳われています。
いつもながらその柔軟な姿勢は感心致します。

null null

住宅販売の営業担当の方には、ぜひとも分譲地案内等するに至っては周辺環境もしっかりリ理解していただく努力を忘れないようにしていただきたいものです。

null

自分の経験から申し上げます。
周辺環境をしっかりと、じっくりと案内する事の徹底は契約への近道でした。
毎日の通勤、買い物、通学、病院や公園、金融機関など生活に結びついた周辺環境への理解が販売に結びついていく事は間違いありません。