カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 愛知県での仕事でした。
かつての顧問会社の復活です。
人間味のある社長がいらっしゃる明治40年創業の伝統ある住宅会社、純木造の住まい、日本の伝統が息づく工務店さんです。
将来を期待されている営業社員さんを集めての研修会実施です。

20170623-DSC04513.jpg-1.jpg 20170623-DSC04512.jpg-1.jpg 20170623-DSC04510.jpg-1.jpg

 7月以降の行動計画、目標設定の立案をしてもらいました。
皆さんの真剣さが気持ちよくいい時間が過ごせました。


 夕方からは愛知県の法政大学校友会主催の講演会に参加しました。
講師は昨年野球殿堂された山中正竹氏。
大分県出身、佐伯鶴城高校時代に九州大会で優勝。
法政大時代は1年生からレギュラー、4年間で48勝、この記録はいまだに破られてはいない大記録です。
またこの時代、田淵、山本浩二、富田の「法政3羽ガラス」と一緒に法政大野球部の4連覇など黄金時代に大きな貢献をしました。
かつて僕も山中先輩の書を読ませて頂きましたが感銘を受けたことがあります。
素晴らしい業績をお持ちで大学の先輩として真に誇りに思えるお方です。
バルセロナオリンピックの日本代表監督としてメダル獲得、僕と並んでの写真でもお分かりのように体が大きいわけでなく「小さな大投手」の異名もおありです。
東京6大学では投手としての栄光のみならず監督としても7度の優勝、全日本大学野球選手権の優勝もおありで、現在は日本野球協会の副会長を務めてらっしゃいます。

20170623-DSC04523.jpg-1.jpg

20170623-DSC04527.jpg-1.jpg 20170623-DSC04526.jpg-1.jpg 20170623-DSC04525.jpg-1.jpg

 お話の中でこんな話が一番印象的でした。
「学びを辞めた時は指導を辞めるとき」
含蓄のあるお言葉です。
「・・・・なるほど」とうなずきました。
自分自身もそうでなくてはならないと意識しました。
 また感心したのは次から次へと話の中から数字が出てくることです。
記憶力の素晴らしさにも頭が下がる思いでした。

 東京五輪を前にして間違いなく日本の野球界をけん引していかれるお一人だと確信しました。

 講演後は懇親会、そして最後には「♪若きわれらが命の限り・・・・・法政おお我が母校」と参加者全員での高らかに校歌斉唱、充実の一日が過ごせました。
いつもながらこういった集いを作ってくださる(株)杉本組の杉本会長に感謝する次第です。


カテゴリー:接客/サービス
author: Masahiko Kato
 千葉と群馬の仕事を終え、東京の会社で打合せ・・・そんな3日間でした。

20170621-DSC04497.jpg-1.jpg 20170621-DSC04495.jpg-1.jpg

 千葉の会社も毎回ウェルカムボードでお迎えしてくださいます。
ありがたいことです。
ビジネスとはわかっていてもどこかで人間的な結びつきがほしいものです。

20170621-DSC04487.jpg-1.jpg 20170621-DSC04491.jpg-1.jpg 20170621-DSC04490.jpg-1.jpg

 千葉の会社では少しずつですが現場の改善が進んでいます。
更なる改善を呼びかけ、社員さん達も一歩一歩階段を上ろうとしています。
「スピード」をもってドラステックな動きを期待したいものです。
この日テーマアップされたこととして・・・・・
・安全対策の強化
・敷地内絶対禁煙
・竣工検査での手直し0
・仮設トイレの美化
・現場内のお客様の写真を掲示
・現場での騒音禁止
・現場作業者の表示・・・・・
などでした。

 僕の中での当たり前がまだまだ実行できていないことへの多少いら立ちもありますが、改善がみられていることの現実の方が嬉しいことも事実です。

 建設現場と営業業績は相関関係にあるといってもいいですね。
現場の充実は営業にとっても喜ばしいこと、お客様の目線で物事を見ることが重要であることは言うまでもありません。

 お客様の喜びを自分たちの喜びとして、さらなる現場の充実を図りたいものです。

 5泊6日で大阪、九州、四国を巡り、すぐさま2泊3日で関東エリアと体力的にはきつい毎日でしたが、今、心地よい疲労感に包まれています。(感謝)
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 タイトに時間が流れていきます。
そんな中で時間を見つけて自分探しを兼ねて体を動かしています。
香川と熊本での仕事の前に広島に立ち寄りました。
高校生時代の修学旅行以来、久しく原爆ドームに訪れていませんでした。

20170618-DSC04450.jpg-1.jpg 20170618-DSC04444.jpg-1.jpg 20170618-DSC04453.jpg-1.jpg

 北朝鮮の動向、トランプ大統領の一挙一動、EUの行方、パリ協定・・・世界がネガティブな方向へ偏りかけているような気がしてなりません。
そんな中で私たちは過去の貴重な体験を大きな教訓(財産)として生きていく必要があると考えます。

20170618-DSC04447.jpg-1.jpg 20170618-DSC04454.jpg-1.jpg 20170618-DSC04458.jpg-1.jpg

 広島平和記念資料館への訪れは自らの心を洗う旅でもあります。
館内は多くの見学者で溢れていて平和への希求、核兵器への危惧を強く感じました。
オバマ前アメリカ大統領が広島の地を訪ねたことも大きな意味を持つことです。
 原爆投下から70年以上が経って形骸化していく戦争の記憶、館内の様々な悲惨な掲示の一つ一つが思わず涙を誘うものでした。
 かつての広島・長崎に投下された規模の原爆でこれだけ巨大な犠牲、歴史に例をみない悲しみが生じたことを考えると今の核兵器の恐怖さは計り知れないものがあります。
地球破壊といっても決して言い過ぎではないでしょう。

 かつて一発の原子爆弾が無差別に数多くの命を奪い、生き残った人達の人生を変化させました。
人類全てに核兵器の恐怖、非人間性を伝え「ノーモア・ヒロシマ」を強く訴えていく必要があります。
 素直な気持ちで核兵器禁止条約の交渉開始を求める署名にサインさせて頂きました。


 
 香川の会社は順調に業績がアップしています。
地元のテレビ番組にも取り上げられ、年内には高松市に新しい拠点を進出予定です。
素晴らしい住宅会社を築いておられる社長さんと一緒にこの日は新拠点を視察しました。
 いつもながら社長はじめ社員さんたちの笑顔にやる気を感じています。
日本中に広げていきたい素敵な工務店さんといっても過言でありません。


20170618-DSC04483.jpg-1.jpg 20170618-DSC04482.jpg-1.jpg null
20170618-DSC04481.jpg-1.jpg 20170618-DSC04480.jpg-1.jpg  

熊本の会社は関与して5年目を迎えました。
素晴らしい社長と社員さんたちの努力のたまもので受注は70億を超えようとしています。
県内で最も業績の進捗した住宅会社となりました。
 新入社員さんたちの研修ではまた新しい息吹を感じずにはいられませんでした。
新入社員から業績向上に寄与していくという、そういう会社の伝統がこの会社の強みでもあります。
しっかりと「守り」きっちりと「攻める」社長の姿勢には頭が下がる思いがします。
 新人さんたちも意識が高く、さらなる飛躍を期待する会社です。
彼らのやる気スイッチが僕のモチベーションアップにもいい循環を与えてくれています。
 更に高い夢をもって人生の階段を上っていきたいものです。 
 

カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 新しい大阪での仕事、そして3年目を迎えている九州の会社での仕事を終え、四国の会社への途中で寄り道をしています。

 昨夜九州の会社の仕事を終え山口・湯田温泉に入りました。
宿泊の宿が「松田家ホテル」1675年創業という老舗の旅館です。
1863年に旅館玄関横に高杉晋作が「国家に尽くすときなり」との文字を刻んでいます。
 また薩長同盟が締結された時、坂本龍馬が滞在した宿でもあります。
また明治になってからは初代総理の伊藤博文が来泊してもいます。

 20170617-DSC04409.jpg-1.jpg 20170618-DSC04390.jpg-1.jpg 20170618-DSC04406.jpg-1.jpg

 1860年に設営された「維新の湯」という昔ながらの(かつての維新をかけ巡った志士たちが浴びた)湯の中に静かに一人身を沈めました。
 時代の重みを感じますね。
不思議に新たな仕事への息吹が生まれてきたようなそんな感覚にもとらわれました。
この気持ちをまた大事にしていきたいと思います。

 翌日は宿の近くの「中原中也記念館」に顔を出しました。
若くして世を去った中也は1907年この湯田温泉に生まれています。
その生家跡地が記念館になっているのです。
30歳の若き命ではありましたが「山羊の歌」や「汚れっちまった悲しみに・・・」などの作品は高い評価を受けています。

20170618-DSC04411.jpg-1.jpg 20170618-DSC04410.jpg-1.jpg 20170618-yjimage.jpg-999.jpg

 そして地元の方のお薦めもあって「菜香亭」にも顔を出しました。
山口県は全国一総理大臣の輩出県でもあります。
伊藤博文に始まり岸信介、佐藤栄作、現阿部晋三など7名の総理が出ています。
そういった時代の総理がこよなく愛した社交場(迎賓館)といってよいかも知れません。
500名収容の畳敷きの大宴会場が移築されてその存在を見ることができます。
そして田中角栄、竹下登、佐藤栄作、安倍晋三などの直筆の書が宴会場に掲げられています。
存在感があり、ここでもまた過ぎ去った時代の風や波を感じることができました。

20170618-DSC04424.jpg-1.jpg 20170618-DSC04427.jpg-1.jpg
20170618-DSC04421.jpg-1.jpg 20170618-DSC04422.jpg-1.jpg

 さらに山口市内にはフランシスコ・サビエル記念聖堂も存在します。
(地元ではザビエルでなくサビエルというのだそうです。)
半日で維新の時代にちょっとタイムスリップした気分を味わいました。

20170618-DSC04437.jpg-1.jpg 20170618-DSC04435.jpg-1.jpg

 厳しい時代が我々の業界にも訪れようとしていますが、変化にも果敢にチャレンジして住宅業界に維新の風を吹かせたいものです。
カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 北関東での仕事でした。
その後、東京駅で待ち合わせ、大学時代の親しい友と再会しました。
法政大学時代のゼミ「コミュニケーション論」の仲間です。

20170611-yjimage.jpg-01010.jpg

 顔を見るのは10年ぶり、かつて積水ハウスの東京の支店長時代には彼の自宅も作らせていただきました。
 卒業後の彼は出版業界へ、経営陣の一員として今も活躍中です。
楽しい時間はすぐに経過します。
懐かしい話も出てあっという間に時間が過ぎていきました。

 翌日は明治神宮に顔を出しました。
前々からそのうちに参拝したいと希望していました。
全国の殆どの主要な神社に拝殿させて頂いてますがどういうわけか明治神宮に縁がなかったのが不思議でもあります。
しっかりとお参りさせてもらいました。

20170611-DSC04339.jpg-1.jpg 20170611-DSC04337.jpg-1.jpg
20170611-DSC04332.jpg-1.jpg 20170611-DSC04335.jpg-1.jpg

 明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をご祭神としています。
正月の参拝客の数が300万人近く、例年日本一であるのはよく知られていますね。
神社内は17万本を超える樹木に覆われ、いくつかのパワースポットがあり、最近では外国人観光客も数多く参拝しています。
 また結婚式場でもありこの日も新しい人生の門出の二人に出会う事ができました。
清々しい気持ちになって、その後は神宮球場へ足を運ばせました。

 全国大学野球選手権の真っ最中で、東京6大学代表の立教大学が準決勝にのぞんでいて応援も兼ねての観戦です。
学生時代から頻繁に神宮球場には顔を出していて、東京6大学代表にも思い入れがあります。
試合は1対0という拮抗した好試合、立教大が勝利を手にしました。

20170611-DSC04348.jpg-1.jpg 20170611-DSC04346.jpg-1.jpg 20170611-DSC04347.jpg-1.jpg

 立教応援団席は大いに盛り上がっていました。
立教大学は明日の決勝で国際武道大に勝てば59年ぶりの優勝となり、そうなればジャイアンツの元監督、長嶋茂雄さんが4年生だった時以来の大学日本一となります。
対戦相手の国際武道大学は初の優勝となりますね。
この決勝戦もとても楽しみです。

20170611-DSC04350.jpg-1.jpg 20170611-DSC04344.jpg-1.jpg

 もっとも僕はといえば明日からは5泊6日の関西、九州、四国、九州の仕事となり体との戦いともなります。
 自分に鞭打って頑張ろうと思います。

 
 
カテゴリー:営業
author: Masahiko Kato
 毎月顔を出す愛知県の会社での一コマです。
営業部長からの意見・要望がありました。
最近営業のみんながもう一つ自信を持ってお客様との折衝ができていません・・・との事。
「何とかもっと自信を持たせたいのですが・・・。」

20170607-yjimage6IA2Q1JQ.jpg 20170607-yjimage.jpg-0112.jpg

 まずは自分たちの会社の強みを再確認してもらいました。
売れない人はついつい売れない理由を探すものです。
気が付かないかもしれませんが、どの会社にもその会社独自のメリットがあるものです。
地域密着、フットワークの良さ、アットホームなところ・・・・思いのほか数多く出てきました。
会社の強みも結構あるものです。

 他にもテーマアップ。
営業一人一人が自信を持って折衝するには・・・・・
他社より優位に折衝を進めていくには・・・・・
お客様はどんな営業を信頼するのか・・・・・

20170607-DSC04325.jpg-1.jpg 20170607-DSC04324.jpg-1.jpg

 営業外の方々からもアドバイスを頂きながらグルーピングを進めていきます。

 笑い声も数多く聞こえてくる中、建設的な意見がたくさん出てきました。
楽しく話し合いができていました。

 そしてまた今までの失敗例や成功例も出してもらいました。

 成長していく会社は決まっていろんな悩みが出てくるものです。
夏目漱石の小説「三四郎」ではありませんが、悩める子羊たち=ストレイ・シープには絶えず壁が待ち受けています。
 その壁を徐々に小さなモノから大きなモノへ、徐々に超えていく事こそ成長です。

 この会社の社員さんたちの一番の強みは何か・・・・・
答えは「従順さ」です。
これからを期待したいと思います。

 
カテゴリー:接客/サービス
author: Masahiko Kato
 関西の住宅会社です。
先回顔を出したときに皆さんに課題を提出しました。
「自己プロフィール」の作成です。

20170607-f54e898a388eb3e5b987a08ef6722b28_s.jpg

・・・さてどんな形でできているかな・・・期待を込めて検証させていただきました。

 結果を申し上げます。
皆さんのセンスの良さが光りました。
中でも感心したのは「掴み」ができていること、この「掴み」はとても大切ですね。

 最初にプロフィールをご覧になったお客様の目をくぎ付けにすることが肝心、このポイントを押さえている人が数人いました。

 僕はこう考えています。
我々の仕事はお客様に様々な質問をします。
質問させていただいて大切なお客様情報を知るわけですが、そのためには自分を理解してもらうことが不可欠です。
「自己プロフィール」にはいろんな種類があると考えます。
例えば自分史、自分の生い立ちを理解いただくパターンです。
例えば趣味編、お客様との共通点が見つかるチャンスです。
例えば家族編、家族を紹介して温かい家庭を見てもらいましょう。
例えば、自分の作品集、自分が作り上げてきた数々の住まいを知っていただきましょう。
例えばお客様編、お世話したお客様、満足してらっしゃるお客様からお勧めしてもらうパターンです。

 お客様は知らない人から住まいを提供してもらおうなんて思わないはずです。
我々もお客様から他人と思われている段階では商談は進展していきません。
お客様と親しくなることで、商談が進んでいくものです。

 そのための手法、第一段階としてプロフィールをおすすめいたします。
カテゴリー:接客/サービス
author: Masahiko Kato
 写真は西川昌徳さん、1983年生まれの自転車旅人です。
今まで世界26か国、67600kmを走破されたとの事です。
ちなみに僕の友人ではありません。
僕の親しい若い友人地球写真家の石井友規君の友人であります。

20170601-15168749_10211007469603352_2250845122587167785_o.jpg
僕も1年を通して旅しています。

この僕のブログも随分と長くなってきました。
ブログは2004年のアメリカへの住宅視察から始まっています。
ですから13年間続いているということになりますか・・・。
小学生の頃、日記を書くことすら長続きしなかった僕なんですが・・・。
よくまあ継続してます。
もっとも始めた当初は写真はなし、文章だけのブログでした。
しかもひと月に1回なんてことも・・・。
2007年3月からはようやく写真も入って、また定期的に書かれていてブログらしい感じになってきたように記憶しています。

 ある方が僕の過去からのブログを見てくださったということです。
ありがたいことです。
関心を持ってもらう事はとても嬉しいことです。
振り返るとまさに「旅することが生きること」になっています。

 移動距離の長さでは僕の旅も半端な距離ではないように思われます。
朝起床した時、今どこにいるんだろうと思うことも実際によくあることです。

 毎月1日は両親への挨拶、お墓参りの時間をとります。
僕にとってはとても気持ちの良い、心が洗われるひと時でもあります。
そして今日は理容店へ、またアパートの管理で遠出して岐阜へ、歯医者さんでの治療、買い物などであっという間の一日が過ぎ去っていきました。

そして夜は大好きなスポーツ観戦、今夜は錦織のテニスと卓球の平野を目で追います。

20170601-image.jpg-0001.jpg 20170601-AS20170122001409_comm.jpg

 また明日から仕事を通じての旅が始まります。
1日1日をとにもかくもじっくりとしっかりと生きていくだけです。

カテゴリー:一般の記事
author: Masahiko Kato
 経営コンサルタントを導入希望の皆さんにその道で活躍するプロのコンサルタントを無料で紹介する会社があります。
「経営堂」といいます。

 この「経営堂」さんは経営課題にマッチした実績あるコンサルタントを第3者的な視点から厳選して選定のアドバイスを行い、契約トラブル・リスクを想定した契約締結の支援、そして実行段階の相談やフォローまでをお手伝いするエージェンシーです。

 コンサルティング紹介会社として運営実績15年以上、年間依頼件数300件以上、10名以下の小規模企業、成長ベンチャー企業、上場・大手企業、外資系企業、公的機関などから様々な依頼を受けています。

 また「経営堂」のような幅広いテーマ、分野の経営コンサルタント(約300名以上)と提携し、数多くの商談、契約場面に実際に立ち会ってきたエージェント会社は日本では唯一だとも言えます。

 積水ハウスを早期に退職し経営コンサルタントとして独立した僕が、今では親しい友人ですが、当時知り合ったばかりの飲食コンサルタント田中司朗さん(飲食業界ではカリスマ的存在、有名ですね)にお勧めされて入会したのがこの経営堂でした。

20170530-000.png

 そんな「経営堂」が半年ごとに所属する全国のコンサルタントのアクセス数の多いコンサルタントのランキングを発表しています。
今回のランキングでは僕は第4位にランクインしていました。
ありがたいですね。
住宅業界だけではありません、全職種からのオファー数です。

 なんと第1位は最近は問題もあってテレビを自粛してらっしゃる方ですがショーン川上さん、かつては朝と夜、大手民放テレビの顔として全国的に大活躍をしてらっしゃいました。
相変わらず人気度は高いですね。
また一定の時期を置いてメディア登場も大いにありうることではないでしょうか・・・。

 ちなみに第2位は島倉大輔さん、第3位は鈴木健廣さん、そして第4位に僕が位置付けられていました。
昨年10月から今年3月までのコンサルタントへのアクセス数からの結果です。
あの著名な新将命先生が14位ですから大変に恐縮しております。

 それ相当な全国の経営コンサルタントさんたちに刺激され、切磋琢磨して今後とも努力を惜しまないでコンサルタントの道を愚直に歩んで行く覚悟です。
(頑張ります)
カテゴリー:営業
author: Masahiko Kato
 常々、素直さは成長の源だと考えています。

 正直な話をします。
僕は今の住宅業の仕事に大学卒業後ずっと一筋に携わっています。
そして多くの成功体験をしてきました。
社員さん、取引業者様たちと一体になって全国1位の支店も構築できました。
ですが実際は若いころは理不尽な思いもあり、つらい出来事や、苦しい出来事も存在しました。
成功体験のためには随分ともちろん失敗体験もありました。
ただ思うことはできれば失敗することなく成功に導くことができれば・・・・そのためには学習効果をしっかりと活用していきたいということです。

 この仕事を始めて14年になります。
ありがたいことにたくさんの成功事例を作ることができました。
僕にとってもとても嬉しいことでした。
その理由をあえて一言でいえば、関与先の社長はじめ社員さんたちが僕の話に真剣に耳を傾け、従順になって愚直に行動してくださったからに相違ありません。
あくまで業績向上の主役は関与先の社長であり社員さん達です。
僕の役目はあくまでコーチであり、アドバイザーですから・・・。

20170527-DSC04292.jpg-1.jpg 20170527-DSC04291.jpg-2.jpg
20170527-DSC04302.jpg-1.jpg 20170528-DSC04300.jpg-1.jpg
20170527-DSC04310.jpg-1.jpg 20170527-DSC04309.jpg-1.jpg

 この数日も千葉・群馬・名古屋の会社で研修会を実施しました。
僕のコンサルティングは全て自分自身の成功体験から来ています。
いわゆる「机上論」はありません。
愚直になって学習していただければ必ずや業績向上します。
今までの実績が証明しています。

 名古屋の会社が見違えるほどに改善ができてきました。
実は最初戸惑いを感じた住宅会社でした。
徐々にですが社長も理解を示してくださり、1年経過しないで結果が出てきました。
社長の素晴らしさにも感銘しています。

 会社によって温度差があります。
かつて積水ハウス時代、社員さん達と向き合った時もすぐに変わっていける人と、時間を要する人とがいました。
もうこうなると社員さんとの「根気比べ」にもなります。
言い続けること、見本を見せること、上向いてきたらほめてあげることが大切です。

 積水ハウス時代はこうでした。
愛知県・岡崎支店長時代 年間売り上げ60億から6年間で120億へ
東京都・多摩支店長時代、年間売り上げ120億から3年間で160億へ
自分に鞭打ち、社員さんのもとへ降りていき組織の塊度を高くしていきました。

 一歩一歩、日々の小さな足の運びが大きな成長に育っていくのですね。
皆さん頑張ってください。